2017年8月23日

価格帯別にお勧めする電子ピアノ

おすすめ電子ピアノ選び方

💁ここでは、これから電子ピアノの購入を検討されている方のために、おすすめの電子ピアノを価格帯別にご紹介したいと思います。

 

※2016年以前に作成したおすすめの電子ピアノを見たい方はこちらのページを参考にして下さい。
🔗おすすめの電子ピアノ厳選15選

 

当サイトの電子ピアノに対する評価は、管理人の主観です😆
ですが、大まかなご参考にはなるかなと思います。

評価は、実際に管理人が某家電量販店(○○カメラ)に行って電子ピアノを弾いてきた経験から行っています(管理人はたまに家電量販店で電子ピアノを弾きたくなるのです)

おすすめの電子ピアノのご紹介に入る前に、

👸「そもそも、電子ピアノってなんなの?本物のピアノと何が違うの?」という方は、以下のページをご参考にして下さいね。  
🔗ピアノを比較する

👸「電子ピアノって種類がいっぱいありすぎて、なにが違うのかよく分からない。選び方が分からない」という方は、以下のページを参考にして下さいね。
🔗電子ピアノ選びのポイント

👸「電子ピアノはどんなメーカーが販売しているの? どんだけ種類があるの?」という方は、以下のページを参考にして下さいね。
🔗電子ピアノ早見表(メーカー別)

 

目次

電子ピアノのメーカー

💁電子ピアノを販売しているメーカーは以下の5メーカーになります。

🔴YAMAHA(ヤマハ)
🔴KAWAI(カワイ)
🔴Roland(ローランド)
🔴CASIO(カシオ)
🔴KORG(コルグ)

このうち、KORGさんは実際の店舗で弾くことができなかったため、今回の評価からは除かせてもらいます。(KORGファンの方すみません🙇

 

評価対象にした電子ピアノ

💁評価対象にした電子ピアノは次のような種類のものです。

✅ 家で普通に弾くことを前提に作られている電子ピアノ
ライブステージや音楽製作でも使用することを前提にしている電子ピアノは、当サイトのおすすめの趣旨から外れるので評価対象にしていません。

✅ 鍵盤が88鍵ある
普通のピアノは鍵盤が88鍵あります。端の方の鍵盤はあまり使用する機会がありませんが、どんな曲でも安心して弾けるように88健あるものだけ評価対象にします。

3本ペダルが装備されている
初心者のうちは、ダンパーペダルと呼ばれる音を全体的に伸ばすペダルが1本あれば十分だと思いますが、そのうち、もっと細かく音の響きを制御する曲が弾きたくなるかもしれません。だから3本ペダルが装備されている電子ピアノだけを評価の対象にします。

 

上記の条件のもと、以下の31機種を評価しました。(価格はおおよその実売価格です)

YAMAHA
ヤマハ)
KAWAI
(カワイ)
機種 価格 機種 価格
ARIUS
(アリウス)
YDP-S52
¥80,000 CN27 ¥113,500
ARIUS
(アリウス)
YDP-163R
¥102,000 CN37 ¥165,000
クラビノーバ
CLP-635
¥150,000 CA17 ¥182,500
クラビノーバ
CLP-645
¥210,500 CA67 ¥250,000
クラビノーバ
CLP-675
¥275,500 CA97 ¥313,000
クラビノーバ
CLP-685
¥367,500
クラビノーバ
CVP-701B
¥240,000
クラビノーバ
CVP-709P
¥530,000
ハイブリッド
ピアノ
NU1
¥400,000
ハイブリッド
ピアノ
アバングランド N1
¥700,000
Roland
(ローランド)
CASIO
(カシオ)
機種 価格 機種 価格
FP-30

¥90,000
(専用スタンド・
ペダルセット)
プリヴィア
PX-760
¥65,000
F-140R ¥100,000 プリヴィア
PX-860
¥90,000
PR501R ¥113,500 セルヴィアーノ
AP-460
¥83,000
HP603 156,500 セルヴィアーノ
AP-700
¥153,000
DP603 167,500 セルヴィアーノ
グランド
ハイブリッド
GP-300
¥292,000
HP605 215,500 セルヴィアーノ
グランド
ハイブリッド
GP-500
¥390,000
HPi-50e 270,000
LX-7 280,000
LX-17 443,000
Kiyora KF-10 345,500

 

評価の基準

💁以下の3つの基本性能を評価の基準としました。

鍵盤タッチの感触が、本物のピアノ(主にグランドピアノ)に近いフィーリングか)

音の質、響き、広がり

ピアノ全体の質感

 

逆に、以下のような付加機能は評価の基準に含んでいません。

立派な液晶モニタが付いている

演奏支援やレッスン機能が充実している

インターネットやスマートホンに接続できる

 

価格帯別、おすすめの電子ピアノ

おすすめの電子ピアノをご紹介する前に、まずは大まかな電子ピアノのグレードの分け方を書いておきたいと思います。

おおざっぱにいうと、各メーカーとも以下のグレード設定で電子ピアノを販売しています。

🏼入門用モデル
🏾ステンダードモデル
🏿フラッグシップモデル

🏼入門用モデル
電子ピアノとして必要最低限な機能のみを備えており、多くを求めなければそれなりにピアノ演奏を楽しむことができるモデルになります。主にピアノ初心者向けのためのモデルです。価格は10万円前後が目安となるでしょう。

🎹各メーカーの入門用モデル

🔴YAMAHA(ヤマハ)
ARIUS(アリウス)YDPシリーズ

🔴KAWAI(カワイ)
CNシリーズ

🔴Roland(ローランド)
F-140R、PR501R、HPi-50e(HPi-50eは付加機能が多いですが、基本性能はPR501Rとほぼ同等です)

🔴CASIO(カシオ)
 プリヴィアPXシリーズ

 

🏾ステンダードモデル
一番売れ筋となるモデルです。売れ筋モデルだけあって、鍵盤やペダルのタッチ、音の響きなど、全ての面において中々のクオリティをもっていると感じます。個人的に、初めて電子ピアノを購入する人には、入門用モデルではなくて、このステンダードモデルをおすすめしたいですね。

🎹各メーカーのステンダードモデル

🔴YAMAHA(ヤマハ)
クラビノーバCLP635、CLP645、CVP701、CVP709、
(CVPシリーズはCLPシリーズに比べて付加機能が多いですが、基本性能はCLPシリーズとほぼ同等です)

🔴KAWAI(カワイ)
CA17

🔴Roland(ローランド)
HP、DPシリーズ、Kiyora KF-10
(Kiyoraは家具としてのインテリア性が高い特殊な電子ピアノですが基本性能はHPやDPとほぼ同等です

🔴CASIO(カシオ)
セルヴィアーノAPシリーズ

🏿フラッグシップモデル
各メーカーともあらゆる最新技術を投入して、より本物のグランドピアノの性能を目指して作られたモデルです。鍵盤やペダルのタッチ、音の響き、臨場感などかなり高い水準で作りこまれており、本物のピアノと比較してもそれほど大きな違和感を感じないで弾いていられると思います。ステンダードモデルでも一定の水準の満足感を得られると思いますが、より「弾いていて心地よい」感覚を追求される方にはこのモデルはおすすめです。

🎹各メーカーのフラッグシップモデル

🔴YAMAHA(ヤマハ)
クラビノーバCLP675、CLP685

🔴KAWAI(カワイ)
CA67、CA97

🔴Roland(ローランド)
LXシリーズ

🔴CASIO(カシオ)
セルヴィアーノグランドハイブリッドGPシリーズ


なお、上記のフラッグシップモデルを超えるモデルがあります 。


🔴YAMAHA(ヤマハ)
 ハイブリッドピアノ NU1、アバングランドN1、N2、N3X
🔴Roland(ローランド)
RG-3F、GP607、V-Piano Grand

これらのピアノは、もうクオリティ的に本物のピアノと言っていいレベルです(お値段も本物のピアノ並みです)
一体どういう人が購入するのか管理人には分からないですが、プロピアニストの中にもこういうピアノで練習する人がいるみたいです。まあ、調律はいらないし、様々な音源を再現できるので、こういうピアノならではメリットがきっとあるのだと思います。

 

ここからはいよいよ、おすすめの電子ピアノをご紹介していこうと思います。

 

おすすめの電子ピアノ 10万円以下

1位 : Roland(ローランド)FP-30

💁主な特徴
実売価格: 90,000円(専用スタンド、ペダル、椅子込みの価格です
鍵盤タッチの機構:PHA-4スタンダード鍵盤
搭載スピーカー数:2

10万円を切る価格でありながら、鍵盤は「PHA-4スタンダード鍵盤」を搭載しています。この価格帯では、ローランドさんのPHA-4スタンダード鍵盤」は一番鍵盤タッチが優れていると感じます。

音はそれなりですが、特段聞き苦しいとかそういったことはなく、普通に気持ちよく弾けるレベルではあると思います。

見た目の良さは、さすがローランドさんだと思います。個人的にローランドさんの電子ピアノが一番おしゃれだと思っています。

なお、ローランドさんのF-140Rは、価格的に10万円を少しだけ超えていますのですが、FP-30とほぼ性能が同じです(F-140Rのほうがほんのちょこっとだけスピーカーの性能が良いようです)

FP30はもともとポータブル性も備えており、F-140Rよりもコンパクトで軽量です。対してF-140Rは初めからスタンド一体型で、サイズがFP-30よりも少し大きいです。

基本性能的にはFP30 = F-140Rと考えてもらってよいでしょう。

管理人は好みの問題でFP30のほうが好きです。

FP30はスタンドペダル、椅子は全て別売りなので、購入する際には気をつけて下さいね。椅子はシンプルなイスと高低自在椅子があるので、高低自在椅子がおすすめです。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

2位 : CASIO(カシオ) セルヴィアーノ AP-460

💁主な特徴
実売価格: 83,000円
鍵盤タッチの機構:3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤Ⅱ
搭載スピーカー数:4

鍵盤タッチの感触は「ストン」と落ちる打鍵感覚で、もう少しエスケープメントな感じが欲しいのが正直なところです。同価格帯のローランドFP-30やF-140Rのほうが打鍵タッチはよいように思います。

音はスピーカーが4つ搭載されており、天板を開閉できる構造になっているので、なかなかよい響きを奏でてくれると思います。

ピアノ自体の質感ですが、なんというか「真面目に作りました」という感じがしますね。もう少し洗練された感じがあると嬉しいかなーと個人的には思いました。ただこれに関しては個人の趣味の問題ですね。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

3位 : CASIO(カシオ)プリヴィア PX-860

💁主な特徴
実売価格: 90,000円(専用イス込みの価格)
鍵盤タッチの機構:3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤Ⅱ
搭載スピーカー数:4

セルヴィアーノAP-460と性能はほぼ同じです。

デザインはセルヴィアーノAP-460のほうがよいですが、PX-860のほうがコンパクトに作られています。

コンパクトな方がよいならば、セルヴィアーノAP-460やりPX-860を選択するのがよいと思います。

下位機種であるPX-760Mとの違いはスピーカーの違いで、スピーカーが4つある分、PX-760Mに比べると音の広がりや響きがよいです。予算が許すならばPX-860Mがおすすめです。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

おすすめの電子ピアノ 10万円以上~15万円未満

1位 : Roland(ローランド)RP501R

💁主な特徴
実売価格: 113,500円
鍵盤タッチの機構:PHA-4スタンダード鍵盤
搭載スピーカー数:2

音に関しての性能は、同メーカーFP-30やF-140Rと同等ですね。ただし、ペダルは「プログレッシブ・ダンパー・アクション・ペダル」が採用されており、より本物のピアノ近いペダルの感覚で演奏できるようになっています。鍵盤タッチ同様、ペダルを踏む感覚も、気持ちよく演奏するためには大事な要素です。

ピアノの質感は、同メーカーFP-30やF-140Rと比較すると、より本物のピアノに近い雰囲気を醸し出しています。値段もほぼ変わらないので、より高級感を感じられるこちらのモデルはおすすめです。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

2位 : KAWAI(カワイ)CN27

💁主な特徴
実売価格: 113,500円
鍵盤タッチの機構:レスポンシブハンマーアクションⅢ鍵盤
搭載スピーカー数:2

KAWAIさんの入門用モデルです。

鍵盤タッチは、レスポンシブハンマーアクションⅢ鍵盤というエスケープメント機能を搭載した鍵盤が採用されているのですが、実際に弾いてみると「すこし硬くてストンと落ちる」感じがしました。あまりエスケープメントが効いていないように感じます。同価格帯のローランドさんのRP-501Rのほうが鍵盤タッチがいいと思います。

ペダルのタッチは、本物のピアノのペダルと比べると、少しバネが効きすぎているように感じました。同価格帯のローランドさんのRP-501Rのほうがナチュラルに感じました。

音は2スピーカーなので、それなりの響きだと思います。

余談ですが、管理人はピアノを始める際に初めて買ったピアノは、このCN27に前機種にあたるCN25でした。

あの当時は色々試し弾きしてみて、CN25が同価格帯のモデルで一番バランスがとれていると感じました。今は本物のグランドピアノを購入して弾いているのですが、今の感覚では同価格帯のローランドさんのRP501Rのほうがより本物のグランドピアノに近いと感じます。

KAWAIさんというメーカーに思い入れがあるならば、こちらのモデルもありかなと思います。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

おすすめの電子ピアノ 15万円以上~20万円未満

1位 : Roland(ローランド)HP603


💁主な特徴
実売価格: 156,500円
鍵盤タッチの機構:PHA-50鍵盤
搭載スピーカー数:2

ローランドさんの「PREMIUM HOME PIANO」にカテゴリされる最初にモデルです。

最上位のフラッグシップモデルであるLX-17と同じ「PHA-50鍵盤」が採用されており、木製鍵盤で、鍵盤タッチもより本物のピアノに近いです。

ペダルもLX-17と同じ「プログレッシブ・ダンパー・アクション・ペダル」が採用されています。より本物のピアノに近いペダルの感覚で演奏することができます。

音源もLX-17と同じ「モデリング音源」という方式が採用されています。複数の鍵盤を同時に弾くときに、本物のピアノのような音の絡み合い、うねりが再現できる方式です。

従来の「サンプリング音源」では、一音ごとに録音した音が同時に鳴っているだけで、本物のピアノのように音の絡み合い、うねりが表現しきれないのです。

この価格で、最上位モデルと同様の「鍵盤タッチ」と「ペダル」と「音源が手に入るのは、ローランドさんだけの特徴です。コストパフォーマンス最強ではないでしょうか。

ただスピーカー数は2つなので、音の広がりや響きは普通といった感じです。

もう一つ、見落としがちですが重要なのは「ヘッドホン」です。
電子ピアノを購入される方は、ヘッドホンをつけて演奏される機会が多いのではないかと思います。

このHP603は「ヘッドホン・3D・アンビエンス」が採用されているので、ヘッドホンをつけても心地よい音で演奏できると思います。

 

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

2位 : Roland(ローランド)DP603


💁主な特徴
実売価格: 167,500円
鍵盤タッチの機構:PHA-50鍵盤
搭載スピーカー数:2

基本的にHP603と同じです。

違うのは、ピアノのサイズとペダルです。

DP603はHP603と比べてコンパクトです。よりスタイリッシュとも言えるでしょう。

🔸DP603
幅 (W) 1,398 mm 奥行き (D) 311 mm 高さ (H) 783 mm
🔸HP603
幅 (W) 1,379 mm 奥行き (D) 456 mm 高さ (H) 959 mm

ペダルに関しては、HP603の方が「プログレッシブ・ダンパー・アクション・ペダル」が採用されているので、より本物のピアノに近いペダルの感覚で演奏することができます。

演奏重視ならHP603、スタイリッシュさを強く求める方や、設置スペースに制限がある場合はこちらのDP603がよいでしょう。

 

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

3位 : KAWAI(カワイ) CA17


💁主な特徴
実売価格: 182,500円
鍵盤タッチの機構:RM3グランドⅡ
搭載スピーカー数:4

鍵盤のタッチには「RM3グランドⅡ」を搭載しており、木製鍵盤で、鍵盤のタッチのフィーリングはなかなか良いです。 音や質感も値段の割りには良く、この価格帯ではかなりおすすめです。
Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

おすすめの電子ピアノ 20万円以上~25万円未満

1位 : Roland(ローランド)HP605


💁主な特徴
実売価格: 215,500円
鍵盤タッチの機構:PHA-50鍵盤
搭載スピーカー数:6
同メーカーのHP603と基本性能は同じで、スピーカー数が6個に増強されているモデルだと考えてもらえればよいです。そのため、音の広がりや響きがワンランク上だと感じます。とても弾いていて心地よく感じます。おすすめです。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

2位 : YAMAHA(ヤマハ) クラビノーバ CLP-645

画像引用元:http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/digitalpianos/clp_series/clp-645/?mode=model
💁主な特徴
実売価格: 210,500円
鍵盤タッチの機構:NWX
搭載スピーカー数:4

鍵盤のタッチには「NWX」を搭載しています。鍵盤のタッチのフィーリングはなかなか良いです。 音や質感もそれなりに良く、この価格帯ではおすすめです。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

3位 : KAWAI(カワイ) CA67


💁主な特徴
実売価格: 245,000円
鍵盤タッチの機構:ナチュラルグランドハンマーアクション鍵盤
搭載スピーカー数:6

鍵盤のタッチには、KAWAI(カワイ)さんの最上位モデル「CA97」と同じ、「グランドフィールアクションⅡ」が搭載されており、鍵盤のタッチのフィーリングはすごく良いです。 音はスピーカーが6つ搭載されており、それなりによいと感じます。

ピアノのデザインは、スタイリッシュというよりはクラシカルで渋めの雰囲気が強いですね。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

おすすめの電子ピアノ 25万円以上~30万円未満

1位 : Roland(ローランド)LX-7


💁主な特徴
実売価格: 280,000円
鍵盤タッチの機構:PHA-50鍵盤
搭載スピーカー数:6

同メーカーのHP605と基本性能はほぼ同じです。鍵盤やペダルのタッチ、音の響きやうねり感が素敵です。

HP605との違いはスピーカーの大きさと見た目ですかね。

🔸HP605
キャビネット・スピーカー:12cm×2
ニアフィールド・スピーカー:5cm×2
スペーシャル・スピーカー:5cm×2

🔸LX-7
キャビネット・スピーカー:25cm×2(スピーカー・ボックス付き)
ニアフィールド・スピーカー:5cm×2
スペーシャル・スピーカー:(12×8cm)×2(スピーカー・ボックス付き)

LX-7はスピーカーが大きい分、より音の広がりや響きがよいと思います。

見た目の違いは、HP605と比較すると、LX-7は本物のアップライトピアノのような雰囲気や存在感がありますね。

あと小さなこだわりですが、LX-7は操作パネル部の上にあるフタをちょこっと前のに出すと、操作パネル部を隠せるようになっています。より本物のピアノらしく演奏できるようにとの配慮かな。

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

2位 : YAMAHA(ヤマハ) クラビノーバ CLP-675

画像引用元:http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/digitalpianos/clp_series/clp-675/?mode=model
💁主な特徴
実売価格: 275,500円
鍵盤タッチの機構:グランドタッチ鍵盤
搭載スピーカー数:6

鍵盤のタッチには「グランドタッチ鍵盤」を搭載しており、CLPシリーズ最上位機種のCLP-685と同等です。鍵盤のタッチのフィーリングはなかなか良いです。

ペダルも「GPレスポンスダンパーペダル」が採用されており、より本物のグランドピアノに近い演奏が可能になっています。

全てがそつなく、ナチュラルであり、それでいて全ての機能が平均点以上の水準でまとめられている。そんな印象です。YAMAHAならではの優等生さを感じますね。僕なら、CLPシリーズを買うならこのCLP-675かCLP-685だと思います。

それにしても、YAMAHAさんの電子ピアノのラインナップは、車でいうとトヨタみたいな感じがします。特にとがったところはないが、全体的にはそつなくまとまっていて、価格帯別に一定の品質を確保しているところ、あとはピアノ業界における知名度が日本一でブランド力も高いところとか(笑)

 

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

3位 : CASIO(カシオ)セルヴィアーノ グランド ハイブリッド GP-300


💁主な特徴
実売価格: 292,000円
鍵盤タッチの機構:グランドフィールアクションⅡ
搭載スピーカー数:6

CASIO(カシオ)さんの最上位モデルのハイブリッドピアノ「セルヴィアーノ グランド ハイブリッド」シリーズです。

鍵盤のタッチにはナチュラルグランドハンマーアクション鍵盤」を搭載しており、同メーカーの最上位モデル「GP-500」と同じものが採用されています。

CASIOさんの下位モデルとは明らかに一線を画している、カシオさんの本気度がうかがえるモデルです。ピアノの質感はなかなかだと思います。

鍵盤のタッチは浅めです。木製鍵盤なので、なかなかのタッチ感がありますが、エスケープメント機能があまり効いていないように感じるのが少し残念です。

音は6スピーカーを搭載しているのでそれなりの音を奏でてくれます。

同じ価格帯のモデルと比べると、どうしても酷評しがちになってしまいますが、全体的なクオリティーはそんなに悪くないと思います。

カシオさんのファンならこのモデルもありだと思います。

 

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

おすすめの電子ピアノ 30万円以上~40万円未満

 

この価格帯以上になってくると、本物のアップライトピアノの中古なんかも視野に入れたくなりますね。YAMAHAのU1やU3Hなどが有名どころでしょうか。

まあそれはともかく、このページはあくまで電子ピアノのおすすめページなので電子ピアノのみをご紹介しますね。

1位 : KAWAI(カワイ) CA97


💁主な特徴
実売価格: 313,000円
鍵盤タッチの機構:グランドフィールアクションⅡ
搭載スピーカー数:響板スピーカー+6

KAWAI(カワイ)さんの最上位モデルです。

鍵盤のタッチの機構は「グランドフィールアクションⅡ」が搭載されており、鍵盤のタッチのフィーリングはすごく良いです。

音は電子ピアノとは思えないほど素晴らしいです。響板スピーカーのおかげで音の響き方が素晴らしいです。カワイさんらしい重厚でまろやかな音質で、管理人の好みの音質です。

質感は普通だと思いますが、安っぽさは感じません。この価格帯では安いですし、一番おすすめのモデルです。

 

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

2位 : YAMAHA(ヤマハ) クラビノーバ CLP-685


💁主な特徴
実売価格: 367,500円
鍵盤タッチの機構:グランドタッチ鍵盤
搭載スピーカー数:6+スプルースコーンスピーカー

YAMAHA(ヤマハ)さんのクラビノーバ CLPシリーズの最上位モデル。グランドタッチ鍵盤を搭載しており。鍵盤のタッチがかなりよいです。

音は6つのスピーカーとスプルースコーンスピーカーのお陰か、中々に効き応えのある音を奏でてくれます。ただ、KAWAIさんのCA97やローランドさんのLX-7などに比べると、音の重厚感やうねり感といったものが、少し心もと無いかなと感じました。ただ、これはこれでそういう特徴のピアノなんだという捕らえ方もできそうです。

下位モデルのCLP-675と同様、YAMAHAさんらしい、優等生な感じのする電子ピアノだと思います。とがった部分はないけど、癖がなくてナチュラルで、全ての水準が平均点以上でうまくバランスが取れていると感じました。

 

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

3位 : CASIO(カシオ)セルヴィアーノ グランド ハイブリッド GP-500


💁主な特徴
実売価格: 390,000円
鍵盤タッチの機構:ナチュラルグランドハンマーアクション鍵盤
搭載スピーカー数:6

CASIO(カシオ)さんの最上位モデルのハイブリッドピアノです。

鍵盤のタッチの機構は「ナチュラルグランドハンマーアクション鍵盤」が搭載されています。木製鍵盤で、なかなか良い鍵盤タッチなのですが、GP-300と同様にエスケープメント感が少し弱いように感じます。

音に関しては、GP-300では音の響きや重厚感が少し物足りないと感じていたのですが、このGP-500にはそういった不満を感じることがありません。ほぼ良い重厚感とほどよい響きを奏でてくれます。弾いていて心地よいですね。

ピアノの見た目・質感は豪華ですね。安っぽさをまったく感じません。いい感じです。

ツボにはまったら、このGP-500はカワイさんのCA97や、ヤマハさんのCLP-685よりも魅力的に感じることでしょう。そういう方にはおすすめですね。

 

Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

おすすめの電子ピアノ 40万円以上

1位 : Roland(ローランド)LX-17


💁主な特徴
実売価格: 443,000円
鍵盤タッチの機構:PHA-50鍵盤
搭載スピーカー数:8

ローランドさんの最上位モデルです。

PHA-50鍵盤の弾き心地は、軽やかでありながらも本物のピアノに近いタッチです。

プログレッシブ・ダンパー・アクション・ペダル搭載なので、ペダルの踏み心地も本物のピアノに近い感覚です。

特筆すべきは音でしょうか。モデリング音源と、8つのスピーカーのお陰で、重厚でほど立体感があり、ほどよく、本物のピアノに近いうねり感のあるサウンドを奏でてくれます。
見た目の美しさもさすがですね。本物のアップライトピアノのような雰囲気があり、高級感もあります。

少々お値段が高めですが、とことんクオリティーに拘りたい人にはおすすめです。
Amazonで見る楽天で見るYahooで見る

 

 

2位 : YAMAHA(ヤマハ) ハイブリッドピアノ NU1


💁主な特徴
実売価格: 400,000円
鍵盤タッチの機構:NU1専用アップライトピアノアクション
搭載スピーカー数:4

YAMAHA(ヤマハ)さんのハイブリッドピアノ です。

こちらは少々特殊なピアノでして、鍵盤タッチがグランドピアノではなくてアップライトピアノのフィーリングを目指して作られています。

専用設計なだけあって、本物のアップライトピアノにかなり近いクオリティーです。少しだけ鍵盤タッチが硬いかな?と感じましたがほぼ本物のアップライトピアノと言えるクオリティーです

音、質感共にとても良いです。グランドピアノではなくアップライトピアノに思い入れがある方には特におすすめできます。
Amazon楽天で見るYahooで見る

 

 

3位 : YAMAHA(ヤマハ) ハイブリッドピアノ アバングランド N1


(画像引用:YAMAHA http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/hybridpianos/avantgrand/n1/?mode=model)

💁主な特徴
実売価格: 700,000円
鍵盤タッチの機構:アバングランド専用グランドピアノアクション
搭載スピーカー数:6

YAMAHA(ヤマハ)さんのハイブリッドピアノです。鍵盤タッチ、音、質感、どれをとっても下の価格帯の電子ピアノとは一線を画しています。お値段も本物のピアノ並みです。

鍵盤のタッチは、本物のピアノと比較して少しだけ硬いかな?と思いましたが、ほとんど本物のグランドピアノといえるクオリティーです。

今回はN1だけ指弾しましたが、N1でこれだけの性能ならば上位機種のN2、N3の性能はさぞやと想像されます。おそらくプロのピアニストの練習用ピアノとしても十分に使えるのではないでしょうか。
楽天で見るYahooで見る

 

まとめ

以上、価格帯別におすすめの電子ピアノを紹介しました。

ここで紹介した情報を元にして、あなたが自分にとってベストな電子ピアノを手に入れられたら嬉しく思います。

あと補足ですが、電子ピアノを購入される方は、ご近所にピアノの音が迷惑にならないように、ヘッドホンを装着して演奏する人が多いんじゃないかと思います。管理人がそうでした。

ですが、電子ピアノに最初から付属しているヘッドホンは、正直言って残念な品質のものが多いと思います。

そこで、ヘッドホンを装着する機会が多い方には、是非別売りの電子ピアノに適したヘッドホンを購入されることをお勧めします。

せっかくの電子ピアノも、ヘッドホン一つで弾いているときの楽しさや心地よさが大きく変わってしまうのですから。

こちらのページが参考になると思います(外部リンクです)
🔗ピアノ担当が選ぶ電子ピアノにオススメのヘッドホン11選!



↓↓↓この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくれると嬉しいです。

スポンサードリンク