2017年5月6日

ピアノを始める

みなさん。ピアノを始められたきっかけはなんでしょうか?

「子供のころ親から習うように言われた」
「子供のころ習っていたが、しばらくやっていない時期があった。しかし大人になってからまた弾きたくなった」
「子供のころはやっていなかったが、大人になってから趣味を持ちたいと思い始めた」

みなさん色々なきっかけがあると思います。

ここでは、管理人がなぜピアノを始めたのかをご紹介させて頂きたいと思います。
これからピアノを始めようとされている方、
あるいはすでにピアノを弾かれている方の参考になればいいなと思います。

管理人がピアノを始めたきっかけ

管理人は高校を卒業後、18歳から社会人として働き始めました。しかし、会社に入社してから2年目ぐらいの時(20歳ぐらい)、会社の雰囲気になじむことができず、ストレスから不安神経症を患いました。

これ以後、10年以上もこの病気に苦しむことになりました(今ではだいぶ良くなりました)。一番しんどかった時期には、「こんなに辛く苦しいだけの人生ならば、生きている意味がないんじゃないか」と考えている時期もありました。

しかし、いつの頃だったか忘れましたが(多分30歳ぐらいの時)、なにかのきっかけで、TVで「のだめカンタービレ」のアニメを見ました。

のだめが弾いていた「ベートーベン ピアノソナタ 悲愴 第二楽章」を聴きました。とても素敵な曲で、心が癒されたのを覚えています。

それまではクラシック音楽など聴いたことがなかった管理人ですが、この事がきっかけでピアノに興味を持ち、通勤中にピアノのクラシック曲を聴くようになりました。

ある時、どうしても自分でピアノを弾いてみたくなり、思い切って近所にあったYAMAHAの音楽教室に体験レッスンしに行きました。

思えば、この時、思い切って第一歩を踏み出したことで、今大好きなピアノと人生を歩むことができるのだと思います。

そして時は経過し、34歳の時、1人暮らしを始めたのをきっかけに、電子ピアノを購入し、家でピアノを弾くことを楽しんでいました。現在はインターネットがあるおかげで、ピアノを弾くことに関する様々な情報を家にいながら知ることができるため、半年ぐらい独学で楽しんでいました。

ピアノを始めて半年ほど経過したころ、「もっと上手にピアノを弾きたい。大好きな曲を、自分で自由自在に弾いてみたい」と強く思うようになり、ピアノ教室に通うことにしました。

そのピアノ教室では、素敵な先生や友人との出会いがありました。また、ピアノ発表会に参加したりして、現在、充実したピアノ生活を送っています。

 

終わりに

管理人にとっては、現在、ピアノは人生の生きがいであり、なくては生きていけないものとなっています。

人生には言葉にできないほど苦しい時もありますが、音楽にはその苦しみを和らげ、人生を豊かで楽しいものにする力があると思います。

また、ピアノに限らずですが、音楽に興味がある人というのは、人より感受性が豊かな人が多いかもしれません。

そういった方は、社会人として暮らしていく時に、繊細であるが故に、人にはなかなか理解してもらえない、辛い思いをされることが多いかもしれません。

そんな時、ピアノがあれば、言葉にできなような辛い感情を表現するとが、音によって表現することができます。自分の感情をちゃんと感じるというのは、豊かな人生を送るために必要なことだと管理人は思っています。

管理人のように、ピアノがとても大好きで、「ピアノがあるから人生が楽しい」と思う人がいっぱい増えたら嬉しいなと思います。



↓↓↓この記事が役に立ったらソーシャルメディアで共有してくれると嬉しいです。

スポンサードリンク